複数派遣登録してWワークするのは問題ないか?

複数の派遣会社に登録すると、より多く仕事の紹介を受けられるチャンスができます。ところで複数の派遣会社から同時に仕事の紹介を受けたとします。一つは平日の仕事、もう一つは土日の仕事で両方ともスケジュール的には働くことはできます。このように異なる派遣会社から同時に仕事の紹介を受け、Wワークすることには問題はないでしょうか?

原則Wワークをすること自体は問題ありません。派遣会社としては契約上の労働時間に対しては束縛をします。しかしそれ以外はプライベートな時間なので、それこそ遊んでいようが別の所で仕事をしていようが規制を受けることはないです。実際派遣の仕事をWワークで掛け持ちしている人も少なからずいるはずです。ただし個別の案件によって、気を付けるべきこともいくつか出てきます。

派遣会社によって、それぞれに就業規則を設けています。派遣会社の中には、他社で就業する場合には許可が必要などのルールを課している場合があります。もしそのようなルール違反をすると就業規則に反するとして、最悪派遣登録を抹消されることも考えられます。そこでまず就業規則などを読んで、何か事前にすべきことはないか確認しましょう。

Wワークをすること自体、ルール上問題なかったとしても倫理上注意すべき点があります。まず同業他社の仕事を同時並行で行うのは、倫理上問題があります。他にも仕事をしていく中で、企業秘密に関する情報に触れることもあるでしょう。そのような場合に、もう一つの勤め先にその情報を渡さないようにするなど責任ある社会人としての行動がより一層求められるでしょう。またWワークをしている場合でも、労働基準法に基づく労働時間や休日をクリアしないといけません。Wワークをしていると時間外勤務等の割増料金の発生する可能性が出てきます。この場合、ではどこがその支払いの責任を負うのかといった問題が生じる恐れもあります。

Wワークの場合、休日を削るとか、従来よりも1日当たりの労働時間が長くなる可能性は高いです。しかも職場間の移動の労力も積み重なりますから、思っている以上に心身の疲労度は増すと思っておきましょう。もし疲れていることで集中力散漫になって、求められる仕事を遂行できないとか、ミスを連発するようになれば、派遣先とトラブルになります。しかも派遣会社もスタッフを送っている以上監督責任が問われかねません。無理のない範囲で仕事をすべきですし、1つだけ仕事をしているとき以上に体調管理を慎重に行うべきといえます。