派遣登録は複数にした方が良い理由とは?

ある調査によると、事務系の派遣社員が一人当たり平均で3.9社の派遣会社に登録しているといいます。あくまでも平均ですから中には1社しか登録していない人もいるでしょうし、5社とか10社の派遣会社に登録している人もいるでしょう。ただし派遣スタッフの多くが、複数の派遣会社に登録する傾向があります。複数のところに登録するのは、いくつかメリットがあるからです。

まずより多くの仕事を紹介してもらえる可能性のあることです。派遣会社はそれぞれに取引先と独自のパイプを持って仕事の紹介を受けています。このため、ある派遣会社では紹介されない会社の派遣案件を他の派遣会社であれば紹介できるかもしれません。複数の派遣会社に登録しておけば、派遣先の選択肢を増やせます。選択肢が多いということは、それだけ自分のやってみたい仕事に出会える確率も高められます。一つの派遣会社に登録しているだけだと、タイミングによってはなかなか次の派遣先を紹介してもらえないこともあり得ます。しかし複数に登録しておけば、比較的速やかに派遣先を紹介してくれる公算も高まります。派遣のデメリットの一つと言われる、仕事しない期間が長くなって経済的に苦しくなる事態も極力回避できます。

派遣会社と言っても、その運営システムはそれぞれ微妙に異なります。給料の支払いシステムや研修などの福利厚生など違いがあります。複数の派遣会社に登録しておけば、自分により合った派遣会社を見つけられるメリットもあります。派遣の仕事はコーディネーターを介して紹介を受けます。コーディネーターの中には、相性の合う合わない人が出てくるはずです。派遣会社に複数登録しておけば、何でも気軽に相談できるようなコーディネーターと出会える可能性も高まります。

派遣会社の給料は、派遣先から直接もらうわけではありません。派遣先が報酬として派遣会社にお金を支払います。そこから派遣会社が経費などを引いて、派遣スタッフに給料を支払います。派遣会社がどの程度の金額を差し引くかは、それぞれ異なります。このため、全く同じ会社・仕事内容でも派遣会社によって時給の異なることもあり得ます。もし複数の派遣会社に登録しておけば、よりよい条件で仕事ができるわけです。少しでも効率的にお金を稼ぎたいと思うのなら、複数の会社に登録しておくのは賢明です。派遣に登録するときに、登録料などを取られることはまずありません。つまり派遣会社に複数登録しても、こちらにデメリットはないわけです。

仕事紹介が多い派遣会社へ登録しよう

人材派遣会社の仕事紹介が多いところに登録するのは必須です。自分の希望条件やスキルにマッチした仕事が見つかりやすいからですね。人材派遣登録のコツの中でも詳しく書かれていますね。派遣登録会へ予約する前に各派遣会社のマイページをチェックしてから職務経歴書や履歴書を用意するようにしていきましょう。